×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





いじめTOP

メッセージ
いじめられっ子
いじめっ子
見つけた人
先生
両親
学校

プロフィール

エッセイ
仲間?
本能?
いけない?

リンク

メール

お礼

いじめを止める!
<いじめられている子たちへ>


TOPページへ
    ●いじめられる[わたし][わる]いの?

 あなたには全然[ぜんぜん][わる]いところも[なお]さなきゃならないところもありませんよ。 よく、いじめにはいじめられる方にも原因[げんいん]があると言う人がいるけど、それは間違[まちが]いです。 そういうふうに言う人たちはいじめのことをあんまりよくわかっていないんです。 太っているから、動作[どうさ][おそ]いから、まじめだから、クラいから、勉強[べんきょう]ができるから、目立[めだ]つからっていじめられる人がたくさんいる。 でも、そんなこと、[わる]いはずがないじゃないですか。 そんな理由[りゆう]でいじめる人たちが[わる]いに決まっています。 あなたは堂々[どうどう]としてればいいんですよ。

▲上へ
    ●なぜいじめっ子たちは[わたし]をいじめるの?

 いじめっ子たちがいじめをするのは、あなたをいじめるのがとてもおもしろいからです。 あなたが[]たり[いた]がったり、みんなから無視[むし]されて一人ぼっちになるのが、いじめっ子たちはとてもおもしろいんです。 いじめる人たちは[ほか][たの]しいことがないからあなたをいじめて[よろこ]んでいるんです。 いじめっ子たちは[つよ]い人たちじゃなく、[こころ][まず]しい人たちなんですね。 そして、いじめるのはあなたでなくてもいいんです。 たまたまあなただっただけなんですね。 だから、あなたは早く[のが]れなきゃいけない。

▲上へ
    ●学校に行くのがとてもつらいんだけど...

 学校はあなたのためにあります。 あなたが学校に行くのは、学校があなたのためになるところだからです。 だから、もし学校があなたのためにならないばかりか、あなたに[]えられない苦痛[くつう][あた]える場所[ばしょ]だとしたら、そんなところに我慢[がまん]して行く 必要[ひつよう]全然[ぜんぜん]ないんですよ。
 あなたはまだ小学生や中学生で、学校がすごく大切[たいせつ]なところみたいに思うかもしれません。 でも、学校なんて、[べつ]に行かなくてもいいんですよ。 もちろん、学校に行く方がいろいろ勉強[べんきょう]できたりしていいのですが、 あなたの[いのち]や心を[きず]つけてまで行かなきゃいけないところではないんです。 [べつ]にちょっとくらい行かなくたって全然[ぜんぜん]なんともないんですよ。 大学生とかになると、学校なんか授業[じゅぎょう]があっても行かないのが普通[ふつう]なくらいですから。
 いじめっ子たちがひどいことをするなら、堂々[どうどう]と学校休んでしまえばいいんですよ。 休む理由[りゆう]は、「○○くんと△△くんにいじめられるのが[いた]くて[こわ]いから。」って学校に言っちゃえばいいんです。 それでも[こわ]いなら、お父さんやお母さんに言って、転校[てんこう]させてもらうといいですよ。 本当は、いじめてる人たちが転校[てんこう]するべきなんですけどね。 だってあなたには何の[わる]いところもないのに、いじめっ子はとても[わる]いことをしているんですから。
 とにかく、我慢[がまん]なんかしなくていいんです。 学校を休んじゃいましょう。 ちょっと休んだらまた学校に行ってみて、またいじめっ子たちが何かしてきたら、また休んじゃいましょう。 で、休む理由[りゆう]は、「○○くんと△△くんがまたいじめてきたから。」。 たぶん、すぐに、いじめっ子たちはいじめをあきらめると[おも]いますよ。

▲上へ
    ●いじめっ子に立ち[]かう勇気[ゆうき][]てって言われたけど[こわ]いです...

 そんな勇気[ゆうき]はなくていいんですよ。 そんなことを言う人はいじめが子ども同士[どうし]のけんかくらいのものだと[おも]っていて、 とてもひどくて残酷[ざんこく]なものだとわかっていないんですね。 いじめっ子たちはとても卑怯[ひきょう]なので、何人[なんにん]かでひどいことをしてきます。 あなた1人で立ち[]かおうとしなくていいんですよ。 だって[こわ]いですよね。 相手[あいて]何人[なんにん]かいるんですから、1人で立ち[]かうのはとてもたいへんですよね。 こういうときこそ、大人[おとな]の力を[]りましょう。 先生や[おや]に言うのは[なに]卑怯[ひきょう][かん]じがするかもしれません。 「チクるな!」って言われるかもしれません。 でも、卑怯[ひきょう]なのは何人[なんにん]かであなたを[おそ]ってきたり、暴力[ぼうりょく]をふるってくるいじめっ子たちの[ほう]です。 「チクる」のは、あなたが自分[じぶん][まも]るとても強力[きょうりょく]大切[たいせつ]方法[ほうほう]です。 いじめっ子たちはチクられるのが[こわ]いんですよ。 だからわざわざ「チクるな!」って言うんです。 あなたがチクらなければ、いじめっ子たちの[おも]うつぼですよ。 遠慮[えんりょ]はいりません。 どんどんチクっちゃいましょう! あなたが[]つべき勇気[ゆうき]は、チクる勇気[ゆうき]です!

▲上へ
    ●どうしたらいじめられなくなるの?

 まずは先生に言うことが大切[たいせつ]です。 もしかしたらあなたは、[おや]に言うのは[]ずかしかったり、[おや]心配[しんぱい]をかけたくないと[おも]うかもしれません。 それだったら、先生に、[おや]には内緒[ないしょ]ってことで相談[そうだん]をするという方法[ほうほう]もありますよ。 そして、先生にしかってもらったのに、もしいじめっ子たちがまた[なに]かしてきたら、先生に何度[なんど]でも言ってしまいましょう。 いじめっ子たちは、先生に[かく]れてあなたをいじめてきます。 とても卑怯[ひきょう]です。 いじめっ子たちは、あなたによくないところがあるからいじめているのではなく、ただ[たの]しいからいじめているのです。 いじめるたびに先生に[おこ]られたり、[いえ]の人に[おこ]られたりすれば、 いじめっ子たちはそんな[いや][おも]いをしてまであなたをいじめることはなくなるでしょう。 ちょっとだけ勇気[ゆうき][]して先生に言ってみてください。 1人で我慢[がまん]しなくていいんです。 先生の[まえ][なみだ][なが]して、「いじめられるからもう学校に[]れない。」って言ってみてください。 先生はあなたを[たす]けてくれるはずですよ。

▲上へ
    [おや]には言いたくないなあ...

 いじめられていることを[おや]には言いたくない、とあなたは[おも]うかもしれません。 自分[じぶん]がいじめられているのは[]ずかしいし、[おや]に言ったら[おや]心配[しんぱい]するしかわいそうだからとあなたは[おも]うかもしれません。 もし、どうしても言いたくない場合[ばあい]は学校の先生だけでもいいとは[おも]います。 でも、できればすぐに[おや]に言ったほうがいいですよ。 いじめられてることは[]ずかしいことではありません。 あなたには[わる]いところなんかないし、弱虫[よわむし]でもないんです。 いじめられたっていうのは、犯罪[はんざい]にあったのと[おな]じことなんです。 [たと]えば、あなたが[みち][ある]いていて泥棒[どろぼう]にあって[なに]かを[ぬす]まれたとします。 あなたは[いえ][かえ]って[おや]に言いますよね。 それから警察[けいさつ]にも連絡[れんらく]して[わる]犯人[はんにん]たちを[つか]まえてもらうでしょう。 いじめられたときも[おな]じことです。 [わる]い人たちにあなたが[][かこ]まれ、[いた]めつけられたのです。 [おや][かな]しむかもしれないと思わないでください! あなたは、とても[やさ]しいから、あなたを[そだ]ててくれている家族[かぞく]心配[しんぱい]をかけるようなことはしたくないと[おも]うかもしれません。 でも、あなたが1人で[かな]しい[おも]いをし[つづ]けることのほうが[おや]はずっと[かな]しいはずですよ。 なにも[かく]すようなことじゃないんですよ。 あなたが今いじめられていることはたいへんなことなんですから。 [おや]に言って、一緒[いっしょ]にどうしたらいじめられなくなるか[かんが]えてもらいましょう。 大人はいろんな方法[ほうほう][]っていますよ。 [おや]に言えば、すぐに解決[かいけつ]することも[おお]いですよ。 あなたの[おや]全力[ぜんりょく]であなたのことを[まも]ってくれるはずですから。

▲上へ
    ●みんなから無視[むし]されてます

 学校でみんなから無視[むし]されたら、学校に行くのが毎日[まいにち]とてもつらいし、生きているのが[かな]しくなってきますよね。
 こういうとき、あなたは、[まわ]りが[][くら][おも]えるかもしれません。 でも、あなたはあまり[]にしない[ほう]がいいですよ。 だって、人を無視[むし]するような人たちは、[こころ]がおかしい人たちですよね。 [なに]も、そういう人たちと無理[むり][はなし]ができなくたっていいじゃないですか。 そういう人たちと仲良[なかよ]くなろうとしなくていいと[おも]いますよ。
 あなたは、[いま]は、学校が一番[いちばん]大切[たいせつ]だと[おも]っているかもしれませんが、友達[ともだち][ほか]でも[つく]れますよ。 [たと]えば、[じゅく]に行くとか、[なら]いごとをすれば、そこで友達[ともだち]ができます。 あなたのことを[]っている学校の人がいると[こま]りますから、[おや]にたのんで、ちょっと[とお][じゅく][なら]いごとに行かせてもらうとよいと[おも]います。 それから、[いま]は、インターネットもあるのですから、インターネットで友達[ともだち][つく]ることもできますからね。 家族[かぞく]の人に相談[そうだん]すれば、友達[ともだち][つく]るのにいいホームページを[]つけてもらえると[おも]いますよ。
 それから、みんなから無視[むし]されていたとしても、あなたにやさしくしてくれる人が一人でもいたら、その友達[ともだち]大切[たいせつ]にしてくださいね。 その人は、すごく勇気[ゆうき]のあるすばらしい友達[ともだち]ですから。
 あなたは、[いま]は、みんなから無視[むし]されて、とても[かな]しい気持[きも]ちかもしれませんが、それはそのうち[]わります。 高校[こうこう]は、みんな別々[べつべつ]のところに行きますし、高校[こうこう]卒業[そつぎょう]すれば、[いま]いる場所[ばしょ]から[とお]いところに一人で[]むこともできます。 [いま]のあなたを[]ってる人がいないところで、[あたら]しくスタートができますよ。
 それから、暴力[ぼうりょく]をふるわれたら先生に言いやすいけど、無視[むし]されただけで先生に言いにくいとあなたは[おも]うかもしれません。 でも、ある人をみんなで無視[むし]するっていうのは、とても残酷[ざんこく][ゆる]されないことです。 先生は、とても[おこ]ってくれるはずですよ。 だから、無視[むし]されたときも、すぐに先生に言ってくださいね。

▲上へ
    ●お[かね][もの]をとられました

 それはたいへんなことです。
 先生や学校に連絡[れんらく]するのはもちろんのことですが、そういうときは警察[けいさつ]にも相談[そうだん]しましょう。 なぜなら、お[かね][もの]をとるというのは犯罪[はんざい]だからです。
 三重県[みえけん]のある中学校の3年生の生徒[せいと]が、同級生[どうきゅうせい]から、ケーキなどを何回も買わせられました。 この生徒[せいと]我慢[がまん]できなくなって、[むかし]警察官[けいさつかん]だった人に、そのことを[はな]しました。 その警察官[けいさつかん]だった人が、警察[けいさつ]に知らせてくれ、ケーキを[]ってこいと言っていた人たちは、警察[けいさつ]逮捕[たいほ]されました。 これは、恐喝[きょうかつ]という犯罪[はんざい]だからです。
 2006年11月27日のことでした。
 お[かね]でも、ゲームソフトでも、おかしでも、[]ってこいと[おど]されたら、それは恐喝[きょうかつ]という犯罪[はんざい]になります。 暴力[ぼうりょく]をふるわれたら、それも犯罪[はんざい]になります。 ちゃんと警察[けいさつ]に言えば、警察[けいさつ]はそういう[わる]い人たちを逮捕[たいほ]してくれます。
 それから、そういうことがあったときには、何月何日何時[なんがつなんにちなんじ]に、どこでそういうことがあったのかをメモしたりしておくと証拠[しょうこ]になることもありますから、 そういう人たちをやっつけるためにも、日記でもなんでもいいですから、しっかりとメモに[のこ]してしまいましょう!

▲上へ

いじめられっ子応援HP